トップページ
エジックとは
新車販売
中古車販売
車検・整備
カスタム
コーティング
ナビ取り付け
アクセスMap
リンク
お問い合わせ
凹んだパネルを修正する際に、金具を溶接してその金具を工具で引っ張って戻す「引き出し鈑金」という工法が使われます。
修正の第一歩、銅でできた金具を凹んだ部分に並べて溶接していきます。従来の溶植機では、この時の熱で鉄板の裏側が「焼けて」しまうのです。この焼けが、後々の腐食になったり、修理の痕跡として残ってしまいます。
エジックでは、鉄板の裏側が焼けない新型溶植機を使用しています。
表面をキレイに直すのは当たり前。見えない部分や、時間が経過した後のことまで配慮して修理を進めています。
まず塗膜を落とし 等間隔でワッシャを溶植していく。 きれいにワッシャが並んだ。
 
スライドハンマー 重りをスライドさせる衝撃で鉄板を引き出す。 プレートフック 溶着したワッシャとスライドハンマーの間に入る金具。

ワッシャーとフックを鉄の棒でつなぎ、スライドハンマーで引っ張る。
全身を使った力仕事に見えますが、ウエイトを動かす速さ、回数を微妙に調整して適正な位置まで鉄板を引き出します。
パテを塗っていきます。パテが固まる前に曲線の下地を作るため、滑らかに手早く進めます。まだ慣れない頃、「お前のパテは生きてるなぁ」と先輩に言われたそうです。見ると塗ったパテがゆっくりと垂れていました。同じ粘度のパテを先輩が塗ってもビクともしません。
見た目では分からない、ワザがあるのだそうです。
電熱器でパテを乾燥させる。つかの間の休憩時間。