トップページ
エジックとは
新車販売
中古車販売
車検・整備
カスタム
コーティング
ナビ取り付け
アクセスMap
リンク
お問い合わせ
ネジやナットで取り付ける部品だけでなく、時には溶接で部品を取り付けることもあります。
最近のクルマは様々な金属素材が使用されています。
薄くて軽い高張力鋼、さらに強度の高い超高張力鋼板、近年急激に増えてきたアルミ製部品。
色々な金属で作られた一台の車に、
素材の種類や厚さによって温度、ガスの流量などの調整を適正な数値に合わせなくてはなりません。

新しいスポット溶接機は、分厚いマニュアルから車種と溶接場所を選んでバーコードを読み取って入力すると自動的に設定の数値が決まります。
新型車が生まれれば、新しい設定数値も生まれるでしょう。
未来のクルマも元通り直せるように、私たちも進化を続けています。

衝突の衝撃で部品だけでなく、車体の骨組みまで歪んでしまったら? フレーム修正機に車体を載せ、チェーンで引っ張って直します。この作業も力任せではなく、車体のどこに何カ所アダプタを取り付けるのか、車種ごとにマニュアルが決まっています。
台座にも支柱にも目盛りが刻まれていて、ミリ単位でセッティングしなければなりません。この準備に手間がかかります。
細かいマニュアルに従う。
     
数値を測り、手順を踏み、フレーム修正が完了した。