トップページ
エジックとは
新車販売
中古車販売
車検・整備
カスタム
コーティング
ナビ取り付け
アクセスMap
リンク
お問い合わせ
鈑金修理といっても、車体の鉄板の凹みを直すだけではありません。場合によっては足回りの部品が破損していることもあります。この部品を交換するのですが、高速で走るクルマの重要な部分、生命を乗せていると言ってもいいでしょう。エジックでは整備士の国家資格を持つスタッフが責任をもって部品交換・分解整備を行います。もちろんエジック自身も法令に基づく「認証」を受けた事業者です。ご家族を乗せて走るクルマ、安心してエジックにお任せください。
整備士の人数や測定器の種類、整備工場の面積など多くの基準をクリアした。
  輸入車の部品交換にも対応。
ドア周辺は部品が複雑。
ここは部品を交換したほうが早く、キレイに仕上がる。見積り段階でそう判断したら、ドアでもバンパーでもまるごと交換です。
ネジを外し、配線を外し、そのまま使う部品も一旦外します。解体ではないので、慎重に。無数の部品を元通りに組み上げ、完璧に動作しなくてはならない、という立体パズルのような作業です。
外したネジやキャップ類は、カップの中に入れていきます。これでは組み立てるときに分からなりそう・・・
「最初のうちは大変でした。ネジが1本余って、取り付けたバンパーを外したこともあります。」
―やはり「慣れ」でしょうか?
「センスもあると思います。子供の頃おもちゃを分解して、また元通りに組立てる、という感覚ですね。」


びっしりと並んだ工具類。ネジやナットの大きさや取り付け場所によって工具を細かく使い分けます。
では、その交換する部品はどうしているのでしょうか?
もちろん、新品の純正部品を使用しています。工場には毎朝、様々なメーカーの純正部品が届きます。
純正だからピッタリ合うのは当たり前。さらにオプションパーツを取り付けるための穴あけ加工や、車体の色に合わせた再塗装をすることもあります。新車を越えて、オーナー様が乗っていた状態に戻す。それが部品交換の目的です。